NEXUS JAPAN株式会社ネクサスジャパン


タイヤ流通の常識を、変える。

ネクサスジャパンは、自動車関連パーツの「製造」「流通」「小売」をワンストップで行うSPAモデル構築・拡大に向け発展中。お客様の嗜好の移り変わりを迅速に製品に反映させると共に、在庫管理に柔軟に対応。中古パーツを取り扱うアップガレージの更なる価値向上に寄与する新品タイヤの販売では、車種別3プライス均一価格を設定することで、お客様への提案選択肢を増やし「安心して提供できる」品質と提供価値の向上に、卸売として寄与しています。
加えて自動車用品の「3大消耗品」としてタイヤ以外にもオイル・バッテリー取扱へと拡大。さらにグループ企業である株式会社ゼロトゥワンとの連携により、海外取引での流通とSPAモデルの拡販を行いながら成長を続けています。

 

小売事業ではクルマやバイクへの関心が低い層を主要ターゲットとして新たな市場を開拓。独自の領域ブランドを立ち上げ、低価格で高品質なタイヤ商材を順次導入してまいります。
 
グラフ01

 

こだわりや、モノではない「コト」の価値を提供してきたわたしたちだからこそ、届けられる「想い」があると信じています。
 
戦略01

 

ネクサスジャパン全体として扱う商材パーツの各売上をストレッチ。2019年度3月には卸売サイトの拡充や掲載数の増加、販路拡大などが見込まれています。
 
グラフ02

 


TOP MESSAGEトップメッセージ

東京タイヤ 代表

専門商社として、
更なる流通の独創的な一手を。

東京タイヤ流通センターの加盟法人へのタイヤ卸を基盤に順調な成長を遂げてまいりましたが、今後はSPAモデルを用いた一層の充実を目指し、メーカー系自動車販売会社への卸売取引、またwebシステム等を用いた海外小売店への展開を拡大中です。強みであるSV活動での情報把握に加え、グループ企業との連携によるシステムでの顧客ニーズの集約が、流通先での売り方開発や販売支援に直結するものと考えます。タイヤ流通とは、自動車マーケットのいわば「黒子」。しかしだからこそ後方支援としての専業を徹底することで、既存の商流の枠組みにとらわれない、独創的な流通手法をご提案することができると信じています。

 

株式会社ネクサスジャパン 取締役社長 渡邊剛伸