2019年4月19日

WeWorkにクルマ&バイク好きが集まる会 〜命をあずける業界『CtoC』の勝算は?〜【現場レポート】

アップガレージ主催イベントのレポートです。

シェアオフィスWeWork に入居しているアップガレージですが、2019年4月16日にクルマ&バイク好きのためのイベントを開催しました!

 

WeWork とは
ニューヨーク発、世界的に展開しているシェアオフィスです。日本には16拠点(2019年1月23日現在)あります。ミッションは「ただ生きるためではなく、人生を満たすために働く世界を創造する」こと。

イベント概要

日程: 2019年4月16日(火)
時間: 19:00~20:30
会場: WeWorkアイスバーグ (〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目12−18)
参加費: 無料
主催: 株式会社アップガレージ 社長室

当日レポート

当日の流れはトークセッションと交流会の大きく二部構成です。

 

トークセッション ご登壇者

▼モデレーター
(株)ミライセルフ 代表取締役 表 孝憲

 

▼トークセッションゲスト
(株)Ancar 代表取締役 CEO 城 一紘
(株)アップガレージ 代表取締役社長  河野 映彦

トークセッション内容

こんなことをお話しをいただきました。

 

・体感しているクルマ業界の課題は?
流通構造が多重構造になっていること。現状は売り手目線。情報社会のいま買い手目線に変えていくために、Ancarは個人間売買へ。

・自動運転ってどうなの?
なった方がいい。昨日、岡山で中央分離帯におばあちゃんが乗り上げているのを見た。昔は移動手段だった馬がいま嗜好性の高いものになっている。アップガレージはそこのマーケットリーダーになりたい。

・安全面の担保は?
Ancarでは全国の整備工場さんに車をチェックいただき、オフラインの職人の手により安全性を担保している。「特定整備」認証制度という資格ができるという噂もある。

・クルマ×CtoCの勝算は?
ある種命を預かる商材であるクルマは個人から買いたくない。かつCtoCは理論上最強の取引。マージンがなく、消費税がかからない。

 

フォルスタイルさんの素敵なケータリングに会場を彩っていただきました。

 

 

 

 

最後に「社長になった時に戻れるなら同じビジネスをするか?」という会場からの質問では
やりたくないくらい難しい。ただ、僕しかできないと宿命を感じている。と回答いただきました。

 

 

みなさま、ありがとうございました!