2018年9月10日

日本最大級カスタムカーの祭典 東京オートサロン 「ブース出店企画ミーティング」 潜入レポート

毎年アップガレージ が出店している東京オートサロンブース出店に向け、社内では企画ミーティングがスタートしました。

アップガレージ 、ネクサスジャパン(旧東京タイヤ)、ZERO TO ONEの各事業会社の役員や販売促進部などのメンバーが集合。東京オートサロンではどんなコンセプトで打ち出すのか。企画ミーティングに潜入してきたのでレポートします。

 

東京オートサロンとは

東京オートサロンとは、日本最大級のカスタムカーイベントです。

Photo

(東京オートサロン2018 アップガレージ ブース)

1983年に「東京エキサイティングカーショー」という名称でスタートしました。開催当時は暴走族問題が世間を騒がせ、改造車に対するマイナスイメージが強かったそうですが、近年では3日間の開催期間中に約30万人の入場者数を誇るイベントへ成長しました。

年々規模を拡大し、最初は関与を避けていた自動車メーカーも世界三大モーターショーである「東京モーターショー」ではなく東京オートサロンにて新車発表を行う例が見られるなど、盛り上がりを見せているカスタムカーの一大イベントです。

(関連記事)【初級編】東京オートサロンと東京モーターショーの違いとは?

 

東京オートサロン2019 開催概要

正式名称:TOKYO AUTO SALON 2019

開催日程:2019年 1月11日(金)、12日(土)、13日(日)
※1月11日(金)は、業界&報道関係者 招待日、12日(土)、13日(日)は一般公開日。

会  場:幕張メッセ(日本コンベンションセンター)

公式 HPhttps://www.tokyoautosalon.jp/2019ex/outline/

 

オートサロンブース出店に向け 各部署からの提案

各会社からどんなことを行いたいか案出しをおこないました。

例年好評の訳ありコーナーや福袋販売、

Photo

コアなチューニングパーツの展示、エキスパートなスタッフが接客、愛車展示プロジェクト、ユーザ投票で”今年のクルマ” を決める JCA(ジャパンカーアワード) …などの意見が出ました。

 

Photo

前回のJCAは、トヨタ自動車のC-HRとアウディQ5が受賞。表彰は、東京オートサロン アップガレージ ブースにておこないました。

 

アップガレージ のブーステーマ

2019年東京オートサロンのブーステーマは「未来のアップガレージ (仮)」です。まだ未確定ですが、せっかくの展示会なのでリアル店舗との乖離があっても良いのでは?という声から、現段階では未来がキーワードに。

将来こんなアップガレージにしたい!というコンセプトにすることにより、お店やロゴ、看板、ポップ、スタッフコスチュームなどこれからのアップガレージ を考え抜きます。このブース出展をきっかけに、店舗開発のヒントと出会えるかもしれません。

2019年東京オートサロンでは、これまで行なっていたリアル店舗の再現からは距離を置き、見て感じて楽しめる体験を提供する場所になるかもしれません。

※あくまで、現段階の方向性です。

 

アップガレージ  ブース展示車両

アップガレージ ブースでは、現在2種類の展示車両を企画しています。

①愛車展示プロジェクト にて公募した車両(クルマ・バイク一台ずつ)

愛車展示プロジェクトとは
一般のお客様から展示車両を公募しクルマ・バイクの一台ずつを選定、オートサロンブースにて展示するプロジェクトです。昨年の愛車展示プロジェクトの様子はこちら

 

②SUPER GT 300に参戦しているUPGARAGE 86MC

他のブースではなかなか展示車両に触れることができません。そのため、86MCを展示し小さいお子様には実際に乗ってもらったらいいのでは?という案もありました。

 

他にもこんな声がありました

・マーケティング、ブランディングの場にしても良いのでは?
・プレミアム感を出す(福袋の袋はオートサロン限定につくり込む?など)
・iPadから在庫検索や買取の相談を体験いただく?

 

開催月の一月に向けて企画を練る段階です。こんなことをしたい!というアイディアを発信するのは自由です。所属問わずどなたでも、販売促進部までお知らせください。